歴史

Cağaloğlu Turkish Bath は時の皇帝マフムト1世のアヤソフィア・キュッリエ(社会的複合施設)の図書館とアヤソフィア・モスクの収益を賄うため、1741年に建造されました。公衆浴場の図面は宮廷建築士のスレイマン・ アガにより設計され、アブドラ・アガにより建造されました。

Cağaloğlu Turkish Bathの建造より以前には、敷地にはネヴシェヒル出身のダーマット・イブラヒム・パシャが建立した宮殿がありました。宮殿は1740年の火事で焼失し、Cağaloğlu Bathがその跡地に建てられることとなったのです。街における水と薪の需要が増したことから1768年に皇帝ムスタファ3世が大浴場の建造を禁止する以前に建てられた、今日に至る最後のトルコ式大浴場として、歴史的にも極めて重要な位置を占める建物です。

Cağaloğlu Bathはイスタンブールで最大のトルコ式大浴場の一つです。オスマン建築にはなかったバロック式の斬新性が建物の建築的構造と、クーリング部屋と熱い部屋の配置に如実に現れています。男湯では、小ドームと七つの丸天井を仰ぐクーリング部屋に行くためには大ドームを仰ぐ更衣室を通ります。

装飾を施された八つの円柱に持ち上げられた熱い部屋は広いドームに覆われています。中央に大きな大理石、各コーナーにドーム型の個室が設えてあります。女湯への入り口はハマム・ストリートに、男湯への入り口はメインの通りにそれぞれ面して別々に設置されています。

Cağaoğlu Bathの更衣室は広いドームで覆われています。梁で強調された室内を囲む形で脱衣所が用意されています。浴場の中央には巨大な大理石の塊で造られた広々としたプールが、その中央には壮麗な噴水をお楽しみ頂けます。

ぬるま湯コーナーの広いドームは四本の大理石円柱と、屋根を形作りぬるま湯コーナーから熱い部屋へと延びる七つの揺り篭型のドームによって支えられています。装飾を施された八つの円柱に持ち上げられた熱い部屋は、その壮麗さに目も眩むばかりの広いドームで覆われています。

改修もなく三世紀に渡ってその壮麗さを保つCağaloğlu Turkish Bathは、訪れる人たちに今でも身体的だけでなくスピリチュアルな体験をも提供し続けます。そこでは、過去の世紀の芳香ゆえに、時間の概念がその意義を見失ってしまうようです

sterling-500x220

トーマス·アロムによるチャガロウロハマミ彫刻